【東京出張編】トルコ料理から歴史を学ぶ

グルメ

今日は日曜日。

 

18:30から長崎から東京へ出張してきた同僚と

元々長崎居たけど東京へ長期出張中の同僚と

懇親会が計画されましたのでお店に向かいます。

 

今日訪れる店は同僚チョイスのトルコ料理屋

ウスキュダル」さんです。

ウスキュダルとは?

トルコ人親子が営むトルコ料理屋さんです。

 

ウスキュダル」ってどういう意味だ?

と調べてみましたが、

イスタンブール近辺の住宅街の地名だそうです。

 

軽く調べてみたところ、

20年程トルコ料理屋を経営している老舗のようです。

ウスキュダルの場所

新宿駅南口近くではありますが、ごちゃごちゃしたゾーンの一角で、

立て看板もあまり目立たないので若干分かりづらいかもしれません。

南口を出て甲州街道沿線沿いに店を構えています。

ウスキュダルのメニュー

下記となります。

ウスキュダルの食レポ

そもそも長崎にトルコ料理屋ってあったっけ?

と思い、おもむろに調べてみると

長崎市内には1軒もありませんでした😨

 

佐世保市に辛うじて2店舗だけあります。

 

関東在住時にもトルコ料理専門店には

行った事がありません。

 

世界3大料理の一角ではありますが、

日本ではあまり普及していないですよね。

 

さて、時刻は18:15。

余裕を持って少し早く新宿駅到着です。

 

関東圏在住の人あるあるなのですが、

新宿駅は難易度が非常に高い。

 

出口が入り組んでおり、

出口を間違えたら迷う事必至の迷路駅の代表格です。

 

西口は流石に迷わないのですが、

東口 or 南口のパターンが毎回間違います(´・ω・`)

 

今回も案の定、東口に出てしまいましたが、

新宿駅も改装されていて、東口から南口へ繋がる地下道が整備されており、

ぐるりと長距離移動する事もなく南口に出れました。

 

あとはGoogle mapを頼りにウスキュダルさんを探します。

大分年季の入った立て看板で分かりづらく、

1回通り過ぎてしまいました💦

 

店内に入り、同僚の到着を待ちます。

 

まずは時間ピッタリに1人目到着。

この方とは1年半ぶりの再会ですが、

長崎在住時には週1以上のペースで一緒に飲んでいた方なので

全く久々感も感じずに雑談してもう1名待ちます。

 

中々現れず。

 

どうやら道に迷ってしまったようで先に始めて行きます。

とりあえず、分かる料理のケバブ盛り合わせを注文。

 

うん、普通に美味い👍

 

そうこうしてる間にもう1名到着。

店の周りをぐるぐる何週もしてしまった様で

20分の遅刻😨

 

お次は前菜の盛り合わせを注文

どれが何の食材なのかわからん笑

 

野菜をペースト状にしたものだとは思いますが、

ジャガイモ・トマト・ナスあたりは入ってそうな味わいです。

 

お次のメニューが悩ましいので、

店員さんにおススメメニューを聞いてみました。

ひき肉と卵のトルコピザです。

 

形が船側なんですね。

 

調べてみると、トルコ風ピザはピダというらしく、

ピザの原型になったのがピダといわれているらしい。

 

店員お薦めなだけあって、こちらは美味しい😋

 

お次は子羊肉の串焼きです。

 

羊肉は日本であまり食べる習慣がありませんが、

普通に美味しいです👍

 

改めて世界三大料理って何を指すのかを調べてみると、

大きな勘違いをしていたことが発覚。

 

世界で美味しい料理3選のことを

世界三大料理にしているのだと思っていましたが、

世界で最も影響を与えた料理

世界三大料理なんですね!

 

トルコ料理のピダもピザの原型といわれているくらいですし、

歴史的背景から世界三大料理が決まっているんですね。

 

そんなこんなで腹も膨れましたので一次会終了です。

最後に

ウスキュダルさんが気になった方は是非足を運んでみてください。

ウスキュダルトルコ料理 / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅
夜総合点★★★☆☆ 3.2

↓人気ブログランキングに参加しています!↓
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ

グルメ番外編
長崎ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました